読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's マネーハック !

日本人はお金の知識(ファイナンシャルリテラシー)がないと言われます。確かに、経済学部を卒業し、証券会社で働きながら、独自に保険や不動産投資を研究してきた私の目から見るとあまりに周りの人たちのお金の知識がないことに驚きます。一方で、そんな人たちは、ホントはお金の知識を身に着けたいと言います。でも、どう学べばいいかわからないと…。そんな人たちのために、さまざまな切り口でお金の知識を提供し、少しでも賢くお得に生きてもらおうというのがこのブログの目的です。

ライフステージにおける必要資金11選

結婚、出産、住宅の購入、子どもの入学、就職などライフステージにはさまざまな出来事があります。

その中で、お金が必要となる11のテーマについて解説します。

①住宅購入資金

夢のマイホーム、でも、もしもあなたに万が一のことがあったら…

あらゆる可能性を考慮して、夢の実現に向けて、周到な準備をしましょう。

②家賃・ローン

万が一があった場合でも、残された家族が安住の地を失うことがないよう準備をしておきましょう。

③教育資金

子どもの教育費用は、成長するにつれてどんどんかかるようになっていきます。

大切な子どもの将来のために、子どもが小さいうちから準備しておくことが大切です。

④結婚資金

子どもの大切な門出を祝うために、結納から新生活の準備費用まで、備えておきましょう。

⑤万一の際の生活資金

あなたにもしものことがあった場合には、残された家族が安心して毎日を過ごせることはとても重要なことです。

万が一の際の家族の生活資金はしっかりと備えておきましょう。

⑥長期療養資金

もしもあなたが大きな病気にかかってしまったら…?

長期間にわたる収入の減少、停止状態での療養費用や生活資金をしっかりと準備しておきましょう。

⑦緊急予備資金

日々の暮らしの中で突然やってくるケガや病気の治療費、家や家具の修理費など、そんな突然の出費にも備えておきましょう。

⑧生活建て直し資金

万が一、ご主人がなくなった場合、残された家族の新生活が軌道に乗るまで何かとお金がかかります。

万一の際の生活資として備えておきましょう。

⑨老後の生活資金

定年を迎えて、子どもも独立…その後、第2の人生が始まります。

豊かでゆとりのある生活を送るために、十分な老後の生活資金を用意しておきましょう。

⑩相続対策資金

相続税の納付は金銭による一括納付が原則となっています。

事前に相続対策は考えておきましょう。

⑪死後の整理資金

あなたにもしものときに、葬式関連費用、ローン・クレジットの未払い金の精算なども必要になるかもしれません。

あらかじめ準備しておきましょう。