It's マネーハック !

日本人はお金の知識(ファイナンシャルリテラシー)がないと言われます。確かに、経済学部を卒業し、証券会社で働きながら、独自に保険や不動産投資を研究してきた私の目から見るとあまりに周りの人たちのお金の知識がないことに驚きます。一方で、そんな人たちは、ホントはお金の知識を身に着けたいと言います。でも、どう学べばいいかわからないと…。そんな人たちのために、さまざまな切り口でお金の知識を提供し、少しでも賢くお得に生きてもらおうというのがこのブログの目的です。

ETF(上場投資信託)

ETFとは?

ETFとは、上場投資信託のことで、英語では Exchange Traded Fund と言い、その頭文字をとって、ETFです。

ETFには、日経平均株価東証株価指数TOPIX)などの株価指数に連動するように運用されます。

また、株価の指数だけでなく、債券やコモディティの指数に連動するタイプのものもあります。

ETFは取引期間中に何度も売買できる

ETFは取引所に上場しているので、個別株のように価格が変動して、取引時間中は何度も売買できます。

同じような指数に連動する上場していない投資信託もありますが、そのような上場していない投資信託に比べて、運用コストは相対的に低く、米国などではETFは非常に人気があります。

ETFの仕組み

証券会社などが市場で買い付けたETFを運用会社に持ち込めば、組み込んでいる現物株に交換してもらえます。

逆に、現物株を買い集めて、運用会社にETFを組成してもらうことも可能です。

ETFに買いが集まって、株価指数よりも割高になると、現物株を買って、ETFに交換・売却する裁定取引が増えます。

需給が緩んで、ETFの価格が下がり、株価指数にさや寄せされていきます。

この過程で、ETFの口数は増加します。

日銀によるETFの買い入れ

日銀が買い入れる場合には、市場で流通しているETFから取得していきます。

ETFが割高になれば、裁定取引を誘発して、新規に組成されるため、口数不足で買い入れが難しくなるケースは考えにくいと言えます。