It's マネーハック !

日本人はお金の知識(ファイナンシャルリテラシー)がないと言われます。確かに、経済学部を卒業し、証券会社で働きながら、独自に保険や不動産投資を研究してきた私の目から見るとあまりに周りの人たちのお金の知識がないことに驚きます。一方で、そんな人たちは、ホントはお金の知識を身に着けたいと言います。でも、どう学べばいいかわからないと…。そんな人たちのために、さまざまな切り口でお金の知識を提供し、少しでも賢くお得に生きてもらおうというのがこのブログの目的です。

家事代行サービス・家事支援サービスを賢く使おう!

f:id:barkaz6212:20160817185237p:plain

共働きの子育て世帯を中心に、プロのスタッフが日常的な家事を請け負う家事代行サービスの利用が増えています。

家事代行サービスは、掃除や洗濯、料理、子どもの送迎など対応できる家事は幅広く、日常生活の困りごとを解決してくれます。

最近では、利用者のすそ野も広がって、暮らしのなかの新しいインフラとして注目されています。

家事代行サービス

家事代行サービスと家政婦・ハウスクリーニングの違い

家事代行サービスは、利用者が直接雇用契約を結ぶ家政婦や専門的な技術・用具を使って特定の場所を掃除するハウスクリーニングとは異なります。

事業者から派遣されるプロのスタッフが日常的な家事を代行するものです。

基本的には、家庭にある用具を使って一般的な家事を手助けします。

掃除や洗濯、料理、整理収納、買い物、子どもの送迎など対応できる内容は幅広くあります(下記参照)。

話し相手や病院への付き添いといったサービスを提供する事業者もあります。

目的や予算、ライフスタイルに応じて利用するプランを選べます。

家事代行サービスの主なメニュー

  • 掃除機・雑巾がけ
  • 風呂・トイレ・洗面所掃除
  • 庭の掃除
  • 洗濯・アイロンがけ
  • 布団干し・ベッドメーク
  • 買い物
  • 料理
  • 整理収納
  • 靴磨き
  • 子どもの送迎
  • 話し相手
  • 病院への付き添い
  • クリーニングの受け渡し
  • ペットの世話 など

家事代行サービスの利用者

家事代行サービスの利用者は、富裕層だけではありません。

共働きの世帯や子育て世帯が中心です。

また、最近では、専業主婦世帯や単身世帯、シニア世帯にまで利用者のすそ野は広がってきています。

(シニア世帯向けの家事支援サービスは後述します。)

社員の福利厚生のために法人会員になる企業も増えています。

家事代行サービスを利用する主な理由

  • 家族が健やかに過ごすために、理想の家事レベルを保ちたい
  • 子どもに良い環境を提供したい
  • 子どもとの時間を取りたい
  • キャリアアップと家事の両立のため
  • リフレッシュする時間を作りたい
  • 出産・介護中など家事が回らないため

家事代行サービスのメニュー・料金

家事代行サービスは全国的に事業を展開する例もありますが、居住地域によってはサービスを受けられないケースもあります。

また、家事代行サービスのサービスメニューや対応エリア、料金体系は事業者によって異なります。

利用の際には、コールセンターに電話したり、営業担当者と会ったりして、自分の生活に合った安心して任せられる事業者か確認しましょう。

また、プランも事前に確認して、内容が希望に沿っておりか十分に打ち合わせることが重要です。

なかにはお試しプランや単発プランを提供している事業者もあるので、一度頼んでみるのもよいでしょう。

家事代行サービスについて知っておきたいこと

家事代行サービスの従事者・スタッフ

家事代行サービスのスタッフとして20代~60代の幅広い層の人が働いており、主婦のパートも含めて多くの女性が活躍しています。

家事代行サービスでは、事業者は利用者の要望を聞いて、スタッフとのマッチングを行います。

毎回同じスタッフが担当する担当制を用意している事業者もあります。

家事代行サービスの制度

家事代行サービスの品質の維持・向上を図るための動きも出てきています。

全国家事代行サービス協会は、経済産業省と連携して、認証制度を始めます。

早ければ、2017年春にスタートする見込みです。

一定の基準を満たす事業者に協会が認証マークを付与します。

これによって家事代行サービスを産業として確立し、安心・安全・快適・便利に使える暮らしの新しいインフラを目指します。

主な家事代行サービスとサービスエリア

サービスサービスエリア
アシスト 東京、愛知、埼玉、京都、茨城、新潟
アドバンスサービス 東京、神奈川、千葉、埼玉
家事代行のアールメイド 東京、神奈川、千葉、埼玉(一部地域を除く)
いえピカ経堂 世田谷区全域とその周辺のエリア
エイド 近畿エリア:兵庫、大阪、京都、滋賀、奈良、和歌山
関東エリア:東京、神奈川、埼玉、茨城、群馬、山梨、栃木、千葉
東海エリア:愛知、岐阜、静岡、三重
家事代行サービスのコピエ 神奈川、東京
ゼネック 東京(目黒区、世田谷区、港区、江東区江戸川区
千葉県(浦安市
ダスキンメリーメイド 全国(一部離島を除く)
中央ケアーサポート 富山市内及び近郊周辺
ねこの手メイドサービス 横浜市内(青葉区緑区は出張費無料)東京都の一部
ハウスワーク 北海道(札幌、小樽、石狩、江別、北広島、恵庭、千歳、苫小牧)
フォー・リーフ 東京、神奈川、大阪、京都、兵庫
家事代行のブルー・ブルー 宮城(仙台市を中心に対応)
福島県郡山市福島市、県南エリア)
ベアーズ 北海道、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城
愛知、大阪、兵庫、京都、奈良
福岡(一部地域を除く)
ミニメイド・サービス 関東、関西、仙台、山梨、静岡
岡山、福岡、熊本、鹿児島(一部地域を除く)
ミライド 千葉(市川市船橋市浦安市習志野市鎌ヶ谷市千葉市松戸市流山市柏市我孫子市白井市八千代市佐倉市四街道市
東京(江戸川区江東区、葛飾区、墨田区中央区

シニア層向けの家事代行サービス

家の掃除やゴミ出しなど日常生活を手伝ってほしいというシニア世帯は多くあります。

そういった背景を受けて、シニア層向けの家事代行サービスを充実させる企業が増えています。

高齢者に対応するスタッフのスキルアップに努める事業者も増えています。

また、散歩や通院の付き添いといった付加サービスを提供するサービスもあります。

シニア層向けの家事代行サービスでは、親のために契約する例も多く、まら、公的介護保険で要介護などの認定を受けている人が介護保険のサービスと併用する例も多くあります。

シニア層向けの家事代行サービスの例

シニアサービス 【ダスキン
主な内容 家事全般、歩行・食事の介助、散歩や通院の付き添い、趣味や会話の相手など
料金例
(単発利用、税込、スタッフ1人のケース)
3,780円/1時間
(1回2時間以上、原則65歳以上が対象)

ダスキンは、原則65歳以上を対象とする専用サービスを提供しています。

一般的な家事にはじまり、散歩や通院の付き添い、食事や歩行の介助、夜間の見守りなど内容が幅広いのが特徴です。

1回2時間から利用でき、日中の基本料金は東京都の場合、1時間3,780円(税込)となっています。

マイ暮らす・親孝行プラン 【長谷川興産】
主な内容 掃除、買い物、希望に応じた家事全般、通院の付き添いなど
別プランで食事の準備も
料金例
(単発利用、税込、スタッフ1人のケース)
3,402円/1時間
(1回2時間以上、65歳以上が対象)

長谷川興産は、家事や清掃の代行など幅広いプランを展開しており、シニア向けにマイ暮らす・親孝行プランを用意しています。

65歳以上が対象で、食事の準備を除いた一般的な家事を手掛けています。

1回2時間から利用できて、料金は1時間3,402円です。

これは、現役世代向けの同じようなプランよりも1割程度割安です。

食事の準備や後片付けをメインとするウチごはんは料金が1時間あたり4,860円で、1人暮らしのシニア層などは、このプランと親孝行プランを併用する人もいます。

シニアサポートR60 【ベアーズ】
主な内容 食事の準備、掃除、買い物
希望により家事全般、通院の付き添いなど
料金例
(単発利用、税込、スタッフ1人のケース)
4,320円/1時間
(1回2時間以上、60歳以上が対象)

ベアーズも、シニアサポートR60というメニューを設けて、シニア向け家事支援を提供しています。

1回最低1時間から利用できるほか、月2回以上の定期コースもあります。

料金は単発が2時間利用の場合で1時間あたり4,320円、定期が1時間あたり3,564円からです。

家事代行や清掃のサービスを受けられるギフト券もあります。

整理ing・セイリング 【ミニメイド・サービス】
主な内容 専門知識を持つスタッフが整理・収納・片付けを支援
料金例
(単発利用、税込、スタッフ1人のケース)
5,400円/1時間(1回3時間以上)
企画・デザイン料の加算も

家事代行を手掛けるミニメイド・サービスはプランの1つとして整理・収納を専門とする整理ing(セイリング)を展開しています。

NPO法人ハウスキーピング協会の認定資格である整理収納アドバイザー1級を持つスタッフが、部屋やキッチンの片付けをしてくれます。

基本料金は1回3時間からで、1時間5,400円です。

整理・収納の内容を提案する企画・デザイン料が加算されます。

最近では、シニア層の間で、残される家族に迷惑をかけないように持ち物を整理しておく生前整理に関する関心も高まっています。

ただし、家の整理は手間がかかり、高齢者には大変です。

そこで有料の外部サービスに依頼したいという需要が今後増えると見込まれています。

家事全般の支援 【シルバー人材センター】
主な内容 掃除、洗濯、買い物、希望に応じた家事全般、通院の付き添いなど
料金例
(単発利用、税込、スタッフ1人のケース)
1,000円~1,600円程度/1時間
(1回2時間以上の例が多い)

全国の市町村ごとに設置されている公益社団法人シルバー人材センターも家事代行サービスを提供しています。

地域のセンターに登録された60歳以上のスタッフが手伝いに赴くのが通常です。

地元で同世代の人から手伝いを受けられ、共通の話題も見つかりやすいでしょう。

選べるサービスは拠点により異なり、料金は1時間1,000円~1,600円程度と手ごろです。

独自にプランを企画するセンターも増えています。

拠点によっては電球の取り換えや高い棚からの荷物降ろしなど、30分ほどで終わる作業を500円で引く受けるケースもあります。

手助けが必要ならまずは最寄りのセンターに問い合わせるとよいでしょう。

リラクシー 【国際自動車

タクシー大手の国際自動車が手掛ける病院送迎などの支援サービスリラクシーはユニークです。

病院付き添いサポートでは、病院に行く際、介護職員初任者研修、救命講習を受けた女性ドライバーが、タクシーでの送迎や診察中の待機、受付の代行を行います。

料金は1時間4,650円のほか、迎車料金410円がかかります。