It's マネーハック !

日本人はお金の知識(ファイナンシャルリテラシー)がないと言われます。確かに、経済学部を卒業し、証券会社で働きながら、独自に保険や不動産投資を研究してきた私の目から見るとあまりに周りの人たちのお金の知識がないことに驚きます。一方で、そんな人たちは、ホントはお金の知識を身に着けたいと言います。でも、どう学べばいいかわからないと…。そんな人たちのために、さまざまな切り口でお金の知識を提供し、少しでも賢くお得に生きてもらおうというのがこのブログの目的です。

各運用会社によるインデックス投信のシリーズ

インデクッス投信は、長期の資産形成に適した商品として個人投資家の人気が高く、かく運用会社では、シリーズ化して投資信託をそろえています。

iFree(大和証券投資信託委託

大和証券投資信託委託は、2016年9月8日に手数料を低く抑えた投資信託シリーズであるiFree(アイフリー)を新たに設定しました。

IFreeシリーズは、全12本での国内外の株式や債券、不動産投資信託REIT)などの各主要指数に連動するインデックス投信です。

販売手数料は無料で、残高に応じてかかる信託報酬は年0.14~0.34%(税抜)です。

特にm値動きが日経平均株価に連動するタイプの投資信託は、信託報酬が0.19%と、現状で最安の三井住友トラスト・アセットマネジメントと並びます。

大和投信では、既存のインデックス投信のシステムなどを活用したり、ネット経由で販売することでコストを引き下げています。

当初の販売会社は、SBI証券楽天証券の2社です。